薬剤師求人-製薬会社勤務について

薬剤師求人-製薬会社勤務について

製薬会社勤務の薬剤師と聞くと、研究者的なイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、そういった研究職は、特に薬剤師資格を持っていなくてもなることができます。

薬剤師が製薬会社に就職して就く職種で最も多いのがMR(医薬情報担当者)です。業務内容は、病院の医師や薬剤師の方に、自社の医薬品に関する品質・効能・安全性といった情報を提供することです。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

MRは、以前は「プロパー」と呼ばれ、より営業色が強い職種だったのですが、1993年に名称がMRに変更されてからは、薬物情報の専門アドバイザーという立場になり、従来の営業的な業務はMSという医薬品卸の営業担当が行うようになりました。

MRは、その他にも兼務業務として、自社の新薬の説明書等の作成や、新薬の承認申請に関する関係当局との折衝、新薬開発時のプランニング等を行います。

MRの他には、医薬品が市販された後の使用状況調査や、学術関連を担当するというところもありますが、求人は稀のようです。

次に、製薬会社勤務の薬剤師の待遇について見てみましょう。まず給与ですが、一般的なイメージの通り、MRの年収は高いです。大手製薬会社を例に取ると、30歳以上のMRの平均年収で1000万円超と言われています。
JSHP/日本病院薬剤師会

ですが、同じ製薬会社勤務でも、MR以外のいわゆる内勤職の場合、年収は通常の薬剤師とさほど差はないようです。MRの場合、長時間残業も当たり前なので、時間換算で考えれば妥当なところかもしれませんね。

製薬会社勤務の薬剤師の初任給は22万円程度、初年度年収は300万円から350万円というところです。平均年収は500万円から1000万円と、病院の薬剤師よりかなり高くなりますが、国家資格を持っていることを考えると、有名企業のサラリーマンと比較しても、それほど高いということはないようです。

しかし製薬会社の場合、規模に関わらず、福利厚生が充実しているというメリットがあります。厚生年金基金や社会保険、退職金制度は勿論、会社によっては全国に保養施設等があり、社員の家族が格安で利用できるところもあります。

また、産休や育児休暇についてもしっかり保証されているところが多く、女性にとっても働きやすい環境ですし、土日祝日は基本的に休みなので、自分の時間を確保できるのも大きな魅力と言えるでしょう。

薬剤師バイト 履歴書の書き方について

薬剤師の転職において、求人先に提出する履歴書が上手く書けない、と悩む方は多いようです。履歴書は求人先が最初に目にする、あなたが作成した文書です。履歴書の書き方によって、求人先に与える印象もかなり変わってきます。

今回は、しっかりアピールできる履歴書を書くポイントをご紹介しましょう。

まずは基本的な点から。履歴書に貼る写真は、直近3ヶ月以内に撮影したものを使用します。剥がれてしまったことを想定して、裏には名前を記入しておきましょう。住所欄には都道府県名から記載し、マンションやアパートの場合、名称を正確に記入します。

学歴欄は中学卒業から記入します。高校以降は入学・卒業の年度を記入します。「~高校」ではなく、必ず正式名称である「~高等学校」と記入してください。薬剤師としての職歴が有る場合は、それまでの退職・転職・異動・昇進等に関する情報もきちんと記入します。

役職に就いていた場合は、役職名も忘れずに!履歴書に記入する日付は、面接時に手渡す場合は面接日を、郵送する場合は作成した日付を記入してください。

次に、履歴書の中で最も重要と言える、志望動機と自己PRの部分です。この部分の出来如何で、転職が成功するかどうか左右されるといっても良いでしょう。それだけに、どう書くか悩ましい部分でもありますね。

志望動機を書く際に最も重要なことは、「自分は何故御社を選んだのか」ということがしっかり伝わるように書く、ということです。

薬剤師として、自分がこの業界で今後どういう仕事をしていきたいのか、そして、求人先がその希望を実現するために、どういった部分で優れているから就職を希望するのか、それを率直に書くことを心がけましょう。

次に自己PRについてですが、自分がこれまでやってきた仕事の実績や、得意分野や取得した資格に関すること、及び自分の人間性について、という観点から書くようにすれば良いでしょう。履歴書を作成してみて、この内容で大丈夫なのか不安に感じる場合は、他の方に見てもらうのが良いでしょう。

転職に関して、既に職場に放しているのであれば、信頼できる同僚や先輩に見てもらうというのも一つの方法です。履歴書の書き方、内容について気になる方は、薬剤師の転職支援サイト等に相談してみるのも良いのではないでしょうか。専門のコンサルタントが的確なアドバイスを与えてくれると思います。

薬剤師の転職 ドラッグストアから薬局への転職

薬剤師の転職において、ドラッグストアから薬局への転職を希望される方もたくさんいらっしゃいます。今回は、実際にドラッグストアから薬局への転職をされた方の体験談をご紹介しましょう。その方は、24時間営業のドラッグストアに勤務の30代前半の男性でした。

夜間まで営業することが一般的なドラッグストアでは、薬剤師の勤務時間もシフト制で決められています。ですが、24時間対応となると、必然的にシフトも不規則になりがちです。夜から朝まで勤務して、また夜まで休み、あるいは、その逆のパターンもあり、その方は次第に体調を崩しがちになりました。

この生活が続くのは健康にもよくない、そう考えて薬局への転職を決断されたのです。 転職を決意されたあと、この方が行われたのは、シフト勤務の特性を生かして、平日の日中の休みを利用して、求人情報の収集を行うということでした。

シフト勤務の場合、日中に自由な時間が作りやすいというメリットを活用された訳です。 薬局の求人の数自体は非常に多く、どちらかというと、膨大な求人情報の中から、自分の希望に合致したものを見つけていくことに苦労されたようです。

この方が、薬局への転職の際に一番不安に思われていたのが、調剤経験がない、ということでした。このことは薬局薬剤師として就職する場合、致命的なマイナスポイントになるのでは、という思いがあったのです。

ですが、求人情報を綿密にリサーチしていくと、調剤経験不問という条件を明記している求人先や、就職後の研修制度がしっかりしている求人先等が見つかりました。求人先が確定したら次は、採用試験に向けた準備です。履歴書の作成、面接の対策etc…。

面接の際に気をつけたのは、調剤経験がないというハンデを業務の中で必ず乗り越えていくという意欲をPRすることでした。その意思を求人先の方にアピールできたからこそ、薬局への転職ができた、ということです。薬剤師の転職支援サイトでは、このような体験談を含め、転職活動に役立つ豊富な求人情報を入手できます。是非一度利用されてみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP