調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師

調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師

通常、病院やクリニックのすぐそばには、必ず調剤薬局があります。病院等で医師が患者さんに渡した処方箋に基づいて、薬剤師が調剤室で調剤作業を行い、患者さんに渡すという作業を主に行っています。

その他に、在庫の薬の管理や、患者さんに対して、渡した薬の飲み方について服薬指導を行うという重要な役割も果たしており、やり甲斐も大きな職種と言えるでしょう。

レセプトと呼ばれる、保険請求の業務も薬剤師が行うケースもありますが、レセプト業務の電算化の普及が著しいため、薬剤師にかかる負担はかなり軽減されています。その分、パソコンの操作機会等が増えるため、ITが苦手という方には厳しい時代になって来ています。

調剤薬局薬剤師の求人率は全般的に高く、給与面については、大手よりは中小規模、都市部よりは地方の調剤薬局の給与水準が高いという傾向があります。

初任給が22万円~30万円程度で、平均年収は350万円~550万円といったところです。管理職に該当する「管理薬剤師」の方だと、年収は550万円~650万円程度になり、中には800万円超のケースも見られます。

次にドラッグストア勤務の薬剤師ですが、主たる業務は市販の医薬品に関するコンサルです。病院に行くほどではないが体調が悪いとか、仕事が忙しくて病院に行く暇がないといった方が訪れるのがドラッグストアです。

自ら「風邪気味の時はこの薬」と決め打ちされる方もいますが、「こういう症状にはどの薬が効くのだろう」と悩んでいる方にとって、ドラッグストア薬剤師は心強い味方になります。

ただ、「この薬はどこにありますか」といった質問に対応しなければならない等、本来の薬剤師としての仕事以外の、店員的な業務を行うことも多く、薬剤師としての仕事に拘りたい方には不向きかもしれません。

ドラッグストア薬剤師の給与は、初任給が25万円~35万円程度と調剤薬局の薬剤師より高めの傾向があります。

初年度年収も430万円~500万円ですし、店長クラスだと600万円超といったところですが、24時間営業の店舗ですと、深夜勤務やシフト勤務といったケースもあり、手当て等がしっかりしている大手チェーン店だと、さらに高収入が期待できるようです。

↑ PAGE TOP