治験コーディネーターの男女比は?

治験コーディネーターの男女比は?

治験業界の男女比は男性2:女性8となっています。 治験コーディネーターは、実は治験業界で最も男女比に差がある職業です。

なぜかというと、治験コーディネーターに求められている資格というのが、薬剤師や看護師であり、有資格者の数からしても、どうしても女性の割合が高くなります。

また、患者さん、医師、スタッフ、製薬会社とコミュニケーションを取って業務を円滑に進行する役割を担うことになるので、言葉遣いや気遣いに配慮できる女性が向いている仕事と言えます。 福利厚生を見てみても、女性に対する支援が多く見受けられ、それだけ女性が多く活躍しているということです。

女性が多いからといって、男性が不利になるということはありません。 男性だから女性だからといって、業務に大きな違いがないからです。 患者さんへの対応やケア、治験の進行、データ収集、各所への連絡、書類作成を任されることになります。

性別がどうこうというよりも、個々のスキルによって有利か不利かが違ってくるので、治験コーディネーターを目指しているのであれば、優れているスキルや経験をアピールするようにしましょう。

条件をクリアさえすれば、目指せる仕事が治験コーディネーターなので、性別を気にせずに飛び込んでみてはいかがでしょうか。

臨床開発モニターはというと、治験コーディネーターのように男女比に差がなく、男女共に働きやすい環境にあるようです。

初めて踏み入れる業界であれば、男女比も含めて、色々と不安が多いと思います。 就職・転職にあたって不安や心配事があるのなら、転職支援サービスを活用して、コンサルタントにその旨を伝えるといいでしょう。 気になっている治験業界の情報を提供してくれますよ。

その道のプロであるコンサルタントであれば、治験に関する情報以外にも、治験のセミナーや、条件に合った治験コーディネーターの求人をピックアップしてくれます。 もし、職場の男女比が気になるのであれば、そのことも相談するといいですよ。

↑ PAGE TOP