治験コーディネーターに適している年齢

治験コーディネーターに適している年齢

年齢がネックで転職ができないのでは、と不安に思う人もいることでしょう。 しかし、あなたの経験とスキルを必要としているところは沢山あります。 転職を悩みながら今の仕事を続けるより、新しい職場で活躍したほうが、イキイキと仕事ができるのではないでしょうか。

薬剤師も看護師も、どのような仕事も年齢よりも熱意が大切です。 考え方や気持ちは人それぞれですが、若くて身体が元気でも、熱意がない人材はどこも必要としていません。

しかし40~50代でも仕事への熱意や意欲があれば、一緒に働きたいと思うことでしょう。 確かに、年齢制限を設けているところも中にはありますが、年齢不問というところも数多く存在しており、年月を重ねて培った経験を必要としているのです。

年齢が不安だからと諦めずに、経験や自分の個性を活かせる場所へ転職することで、新たな道が開けるのではないでしょうか。 年齢関係なく働ける仕事だということは、業務内容からも見受けられると思います。

治験コーディネーターに必要な能力は、人との繋がりを大切にし、コミュニケーションをとることが求められます。 治験に参加している患者さんの不安な気持ちを取り除いたり、心のケアやフォローをする大切な役割を担うことになるからです。

他には、製薬会社とのやり取りや情報交換も任されます。 なので、相手の気持ちを理解できない、言葉のかけ方に気を使えない、人と関わるのが苦手であれば、治験コーディネーターの仕事をこなすのは難しいと思います。

他には、パソコンを使えることが必須となります。 データ収集や書類作成も治験コーディネーターが行います。 最低限、ワード、エクセルなどの基本操作はできていたほうがいいでしょう。 もしパソコンが苦手なのであれば、パソコンスクールに通ってみたり、調べて勉強してみるようにしてください。

年齢を気にしながら未知の世界へ飛び込むのは、大変勇気がいることです。 でも、達成した時にはそれくらい大きな喜びを味わうことができますよ。

↑ PAGE TOP